口内炎の豆知識 -動物の口内炎-


人以外の口内炎


人以外にも猫も口内炎になります。猫の口内炎(歯肉口内炎)は、舌や口のなかの粘膜が炎症を起こす病気です。よだれで口のまわりが汚れたり、口臭がひどく食欲がない場合は口内炎の可能性があります。猫の口内炎の原因は、歯垢や歯石がたまることが原因の一つと考えられています。また、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズウイルス、猫風邪などのウイルス感染症になり免疫力が低下して、細菌や真菌に感染しやすくなることや、ビタミンAの不足が口内炎の原因と考えられています。

細菌の塊である歯垢を付着させないことが最も有効な予防策で、普段から口の中をケアし、消毒液で洗浄をしたり、歯垢の付きにくい食事を与える事が大切です。猫の口内炎は慢性化になりやすく深刻なので病院で適切に処置してもらうのがよいです。

犬もまた口内炎になります。糖尿病や感染症、腎臓病にかかっているときやビタミン不足、物理的要因として固い食べ物や鋭利な異物により口の内を傷つけることが口内炎の原因として考えられます。口内炎になってしまったら、病気やウイルスが原因の場合はそれぞれに則した治療を行い、物理的な傷が原因の場合しっかり歯磨き等をして口の中を清潔に保ち、十分な栄養を与え免疫力を高めます。老齢の場合、悪性の口腔内腫瘍の可能性が高く、しこりや出血を伴うので早めに獣医の診察を受けた方がいいでしょう。

他に鳥にも鳥口内炎があります。


ページのトップへ戻る