部位別口内炎 -歯茎-


歯茎に出来る口内炎


歯茎が赤く腫れることも口内炎と言われます。歯茎にできる口内炎は、一派的なアフタ性口内炎や、壊死潰瘍性口内炎があります。子供に多く発症し、歯茎や口の中の粘膜がただれ、口臭やよだれが増え、出血を伴う場合もあります。壊死潰瘍性口内炎は、身体免疫力が低下している時に、口の中の細菌が増殖し発症します。ヘルペス性口内炎でも歯茎が炎症して赤く腫れ、高熱を出す場合があります。乳幼児に多く発症し、痛みで水分を十分に摂取することができず、脱水症状を起こすことがあるので、注意が必要です。

他にも歯茎に口内炎ができた場合は、その部分の歯が虫歯になっている可能性も考えられ、歯茎から血や膿が出るなどの場合は歯茎の口内炎の放置による悪化で歯肉炎になっている恐れがあります。歯肉炎をさらに放置しておくと、歯が溶ける歯周病にまで進行してしまいます。歯周病の症状は改善しても、溶けて失くなった歯は元の量に戻ることはありません。

歯茎に水泡が出来る症状にフィステルがあります。フィステルは、歯の神経が死に歯根の周辺が炎症を起こし膿が溜まって、その膿が歯茎から出てくる為に発生します。見た目は口内炎に似た白っぽい膿みを持った婁孔で、義歯や、入れ歯、インプラントなどの治療をした周辺に出来た場合、フィステルの可能性が高いと言われています。

さらに、歯肉癌という歯茎にできる癌である場合もあります。歯肉癌は歯肉が腫れて潰瘍や、歯がぐらつくなどの症状が見られるが、臨床所見が難しく、歯周病や口内炎と誤診される場合があります。顎骨に歯肉癌が浸潤すると、神経麻痺や顎の病的骨折などの症状が現れることもあるので疑いがある場合は再度精密診察を受けた方がいいです。


経費 節税 裏技

ページのトップへ戻る